「監督とアーティスト耿雪(GengXue)の出会い」Vol.01

「陶磁器番組ってつまらないよね、じいさんばあさんしかみないよね」

、、、確かに柴田はその意見を否定できなかった。
6年前、フランス人から相談を受け、企画を考え始めた頃だった。

柴田は、まず参考となる過去の陶磁器ドキュメンタリーを幾つも観ていった。
ドキュメンタリーでものを描くときにやれる手法は限られている。
再現ドラマ・照明を駆使した撮影・CGなど
それらはbeautifulだがどうしても説明臭くなってしまうのだ。

そして過去にBBCや中国の大手放送局等が陶磁器ドキュメンタリー作品を作っている。
世界規模でみるとはるかに少ない予算で今までと同じ手法では
とても面白い映像は作れない!!大手の2番煎じになるだけだ!!

、、、なら。

いいアーティストとコラボできないか。
アーティストの表現力を借りて、これまでのドキュメンタリーとは違う道を行きたい。
「ceramic artist」
「ceramic artist…」
「ceramic artist……」

そこから柴田は1か月半、アーティストの発掘作業をした。

to be continued…

取材:kiko

最新の話↓