「人類が連携して創り上げた陶磁器」

きっかけは、5年前にフランスから届いた、ある陶芸アーティストの手紙だった。

「あなたに陶磁器の歴史のドキュメンタリーを作って欲しい」

彼女は、僕の前作『千年の一滴 だし しょうゆ』をパリで観て、居ても立ってもいられず、連絡をくれたのだった。

ヨーロッパの器は、歴史も浅く、バリエーションもとても少ないです。一方、日本・東アジアは土器の発祥地でもあり、土の種類も豊か。窯や作家の数も、世界的に見て、ずば抜けて多い。日本にない焼き物はなく、日本列島にはセラミックの歴史が凝縮しています。最新のファイン・セラミックだって、日本は最先端を走っています。日本にいるあなただからこそ、人類と陶磁器の歴史をひもとくドキュメンタリーが作れるはずです

なるほど、確かに! 「自分のカップ」(マイカップ)を自宅や職場に置き大切にしている地域は、世界でも日本だけだといわれる。器に自分自身を重ね、まるで分身のように扱う僕たち日本人。そのDNAは、はるか縄文時代に遡るのだろう。僕たちが生きる日本列島を含むユーラシア大陸の東端は、土器=やきもの=セラミックの発祥地なのだ。

陶磁器の歴史の中心は何と言っても中国だ。リサーチを進める中で、北京に、磁器で作った人形でアニメーションを作るアーティストがいることを知った。耿雪(Geng Xue ゴンシュエ)という若い作家で、偶然にも、僕の友人の友人だった。彼女に「陶王子」という器の妖精を作ってもらい、陶磁器の発展にあわせて陶王子が成長していく物語として、ストーリーを描くことにした。

中国やフランスに何度も通い、打合せを重ねた。

「ナショナリズムに陥るな!」――― それが5年前にこの企画をスタートさせたときからのスタッフの合言葉だった。器=陶磁器は、洋の東西を行き来しながら、人類がみなで育ててきた文化だ。

セラミック・ロード―――この地球の東西を、人々の「用と美」の欲求を乗せてつないだ道。

この映画が分断する世界をつなぐ希望となることを願っている

監督 柴田昌平


■監督プロフィール

柴田 昌平(しばた・しょうへい)
1963年東京生まれ。映像作家。初監督作品『ひめゆり』(2006)は、キネマ旬報ベストテン文化映画1位など8冠を受賞。フランスとの国際共同制作ドキュメンタリー『千年の一滴 だし しょうゆ』はヨーロッパを中心に世界中で上映された。

ドキュメンタリーのテレビ番組も制作し、中国・四川テレビ祭 最優秀人類学賞を受賞したNHKスペシャル『クニ子おばばと不思議の森』は、焼き畑による森の循環と農家の暮らしを紡いだ異色作。NHKスペシャル『新シルクロード』シリーズでは企画立ち上げから関わり、「楼蘭」「天山南路」の2本を演出、NHKスペシャル『世界里山紀行』シリーズでは「フィンランド」を担当。いずれも海外で受賞をしている。

2001年から2002年にかけて文化庁の芸術家海外派遣研修制度で北京映画学院に留学、そのときのネットワークが中心となって、本作品の制作スタッフが組まれた。